スプリングトロン

キャラ紹介

冷血!戦闘マシーン

ARMSラボが作り出した戦闘マシーン!

特殊能力は、チャージ状態の解除後に発動し相手のパンチを弾く「ショックウェーブ」と、長くチャージしたあと、10秒間の間移動速度が上がり、常時チャージ状態となる「ビッグバン」。ビッグバン時に相手のパンチをタイミングよく弾くと、相手のウデを壊すことができる。

キャラ性能

体の大きさ 3
腕の太さ 3
スピード 3
ジャンプ能力 3
投げの威力 150

キャラ特性

ショックウェーブ

チャージを解除したときに、相手のパンチを弾くショックウェーブを出すことができる。

ビッグバン

最大までチャージを溜めると、その時に発射されているアームをすべて弾き飛ばすビッグバン
を出し、弾かれた腕はアームブレイク状態になる。

また、ビッグバン後は10秒間移動性能が大幅に向上し、常時チャージ状態になる。

ビッグバン時の動きを細かく見ていくと、

ショックウェーブを出しつつ浮遊→ビッグバン発動→着地の流れとなっている。

まず始動時にショックウェーブが出るが、このショックウェーブで落とされたアームその後のビッグバンのアームブレイクの餌食となる

その後、ビッグバンが発動し、ショックウェーブで落としたアーム+その時発射されていたアームをすべて落とす。
(この時落とした腕はアームブレイク状態にすることができる)

その後着地するが、この時は攻撃も空中ダッシュも使用することができないので大きな隙となる。

その他の特徴

スプリングマンよりわずかにダッシュ、空中ダッシュ性能が低い

スポンサーリンク

立ち回り方

基本はスプリングマンのページを参照。

特筆すべきはやはりビッグバン。

ある程度距離が離れていればノーリスクで自己強化できる他、

風属性の吹き飛ばしや投げからも安全に自己強化に入ることができる。

ただし、投げからのビッグバンは「投げた相手が壁に引っかからず、自分に下がるスペースがあるとき」以外ではやや確定しづらいので覚えておきたい。

「一定の距離があれば安全にビッグバンができる」というのは、裏を返せば

スプリングトロンのビッグバンによる自己強化を止めたければ、相手は距離を詰めていくしかない」ということになる。

なので、離れて相手をおびき寄せながらの戦いをすることができ、これは広いステージでは特に真価を発揮する。

無理に攻めさせて、そこにショックウェーブや反撃でリスクを与えていくような立ち回りができるのがスプリングマンとの大きな違い

また、盾系などの設置型アームや、こちらに届くまでに時間がかかりやすい曲射アームに対してはビッグバンでのアームブレイクを狙っていきやすい。

常時チャージ状態に入ってからは、歩きや小ダッシュをしていても常時チャージが継続している点に注目したい。

勿論ショックウェーブのある通常ダッシュも強いのだが、移動能力アップと常時チャージを組み合わせながら、小ダッシュや歩きによる様子見からリスクの少ない攻めを展開していくのもかなり強力。

ビッグバンの着地時を狙われた時には、ラッシュを発動するとカウンターできる点は覚えておくとよいだろう。

おすすめアーム

吹き飛ばしている間に自己強化ができる風属性アームや、投げが確定するショック属性アーム雷属性アームを持っていると自己強化状態に入りやすい。

氷属性アームも、遠めの距離なら安全ビッグバンの補助、近めの距離でも投げと強化と再氷漬けの択ができるので悪くはない。

ただ、スプリングマンとほぼ同じ性能ではあるので多くのアームを使うことはできるし、

たとえその勝負の中で一回も自己強化できなくても、ビッグバンをチラつかせながら相手を攻めさせる戦いができた

…という点でビッグバンは働いているので、アーム選択で確定ビッグバンを意識しすぎる必要はない

対策

どうしても待つ相手にショックウェーブに手をだしていかなければならない場面が増えるので、ショックウェーブからのカウンターをもらわないような攻撃の仕方は意識していきたい。

スケート撃ちで手を出す頻度を下げて小ダッシュや歩きから攻撃したり、お見合いの状態で両手出しを避けたりといった意識は大事になる。

多くのスプリングマン対策はトロンにも有効で、爆発属性アームエクスブロートリプルボムであれば、ショックウェーブに攻撃が撃ち落とされてもアームが落とされることがなく、
即腕伸び状態が解除されてショックウェーブからの反撃を避けやすいので、トロン相手にも手を出していきやすい。

ビッグバンを放った後は宙に浮いていて何もできない状態があり、そこに攻撃を撃ち込むとほぼ確定でダメージを与えられる。投げやラッシュもほぼ確定で決まる。
が、相手がラッシュゲージを持っている状態だと着地からラッシュのカウンターを狙ってくるので、そこには注意していきたい。

盾系のアームや、一部の曲射系アーム等はかなりトロンにビッグバンで落とされやすいので、

遠めの距離でそれらを使うのはかなり慎重に。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする