エクスブロー

アーム情報

エクスブロー
タイプ グローブ
属性 (爆)
重量 中量級
初期ファイター

データ

ダメージ表
  ノーマル プラス
無チャージ 90  100
チャージ 90  100
ラッシュ 240~250 240~250

スポンサーリンク

性能

中量の爆発属性のグローブ系アーム

誘導こそ切れているものの、よく曲がり、また発射したあとも最後までコントロールが可能

爆発アームの中でも、トリプルボムに比肩する特に強力な特性を持っており、

それが「床、壁、相手のガードやショックウェーブ、どこであろうとも攻撃が着弾した瞬間に、腕伸び状態が解除される」というもの。

腕が落ちるという概念が殆どないばかりか、攻撃のリカバリーが他アームよりも圧倒的に早い

(相殺されたときのみ、一回腕が落ちてから爆発して隙を作るので、その点でのみトリプルボムに劣る。)

「爆発属性がガードやショックウェーブの対策になるのは、爆発による被弾を狙えるから」

と思われがちだが、本質はどちらかというとこの特性によるところが大きい。

「リボンガールで高所から攻撃し、それが避けられたら床に着弾するので即再浮上」…といった動きも可能にする、機動力の大幅な向上

ガードされても一向に構わないという、両手出しのリスクの低下…など、

かなりのメリットが存在する。

エクスブローを必殺ラッシュのショックウェーブで弾いてからラッシュしようとしても、
爆発で妨害される+相手は腕伸び解除と同じ機動力 という状態になるので

ラッシュ失敗を誘いやすく、またラッシュゲージのある相手に手をだしていきやすいというのも特筆すべきエクスブローの利点。

ガードした時は他の爆発属性のアームを同じく、当たった瞬間にガーキャンするか、

当たった後少し間をおいて無敵時間で爆風を抜けるようにガーキャンすると爆風を食らわずに済む。

必殺ラッシュ

基本はグローブ系のラッシュと一緒だが、

特に最終段のダメージが高い

対策

相手をすると非常にラッシュが吐きづらいアームだが、
相殺したときは一回地面に落ちてから爆発するので、相殺されてから地面に落ちるまでの間に隙が生まれる

なので、ラッシュ発動時のショックウェーブで相手のエクスブローを爆発させないようにしつつ、こちらのラッシュの攻撃で相殺するようにラッシュを吐くとこっちのラッシュが当たる。

この時、最悪相殺はできなくても、相手のアームを爆発さえさせなければ相手は腕伸び状態のままなので、問題ない…というケースが多い。

少し距離をとると、見てから狙いやすいだろう。

ある程度近い距離ならば、通常攻撃で相殺→即ラッシュ発動…といった流れでもラッシュを当てることができる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする