サラマンダー

アーム情報

サラマンダー
タイプ ムチ
属性 (炎)
重量 中量級
初期ファイター

データ

ダメージ表
  ノーマル プラス
無チャージ 80 90
チャージ 110 120
ラッシュ 180 180

スポンサーリンク

性能

縦うち、横うち、ななめうち等0~180°までの任意の角度に傾けることができる。

誘導は最後まで効いているので、相手に誘導させて当てたいときは、鞭を射出した方向にスティックをしっかり倒し続けるのが有効。

ガードやショックウェーブで撃ち落とされても隙が発生しにくいという強力な武器が存在し、

曲射アームの中ではかなり前後移動にも強い部類。

必殺ラッシュ

単発系で、ヒット時に相手を高く打ち上げてから複数回攻撃する。

もう片方の手のラッシュを当てる意識で、このアームはヒットの締めで使う意識が大事。

鞭ラッシュの始動をどうしても当てたい場合は「普通に今鞭で攻撃したら当たる!」といった場面で使うと成功しやすい。

立ち回り

・曲射アームなので相手の側面からアームを壊しつつ戦える。また相手のアームを落としずらいので、相手のアームを落とせるアームを用意しておくというのもよい。

・ガードさせてもほとんど不利がつかないため無チャージでどんどんスケートうちするのも良し、チャージして積極的にコンボを狙うも良しの万能アームである。チャージうちを当てると強制的に距離を離すことができるので対SA持ちキャラの起き攻め拒否にも優秀、逆に壁際まで飛ばしやすいので起き攻めするにも優秀である。

・縦うちで正面から飛んでくるコブラやリボン、またバークジャンプするバイトの最高点を撃墜できる。横うち、縦うちを状況によってうち分けられるようになればこのアームの強さがわかるだろう。

・弱点として、軸が大きくずれた時にうつと大回りの弧を描き、回収速度が遅くなることがある。またムチ系のアームは障害物に当たると回収速度が遅くなるので注意。

対策

曲射アームなので落としずらく、ガードやショックウェーブで弾いても隙が少ないので基本は回避。

発射を見てから通常ステップすれば、基本は避けることができる。

発射直後に、直線系のスキができるので、グローブ系やトライデントなどの直線系高速アームを差し込むと相手の鞭が到達する前に攻撃がヒットする。

攻撃のタイミングとしてはやや読み気味に相手の発射とほぼ同時に攻撃するイメージでやると、鞭にこちらの攻撃が相殺されにくい。

鞭を避けながら攻撃したいのでできればスケート撃ちしていきたい。

また掴みも対抗策として有効である。

鞭の避け方としては、鞭自体を見て判断するよりも、相手の移動方向に集中すると避けやすくなる。例えば、相手が向かって右側に移動していれば、鞭は右側から飛んでくるので左に移動すれば避けやすい。

見てからジャンプもある程度は有効。

また、ショックウェーブで落とされても戻りが早い関係で対鞭で無暗に
「ラッシュのショックウェーブで鞭を落としてラッシュ」とやろうとするとかなり避けられやすい。

基本はそれをやる場合は鞭でないほうのアームを狙った方が無難。

鞭の攻撃にラッシュを吐きたい時は、

相殺やアーム相性での撃ち落としでは隙ができるので、ラッシュの攻撃や普通の攻撃で撃ち落とす意識があるとラッシュを決めやすい。

また、直線系のアームと違い、発射から到達までに時間があるのを利用して、相手の発射を見てから一気に距離を詰める→オロチがこちらに到達したころに至近距離でラッシュ

…といった流れもかなり有効となる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする