キッドコブラ

キャラ紹介

ストリート系スピードキング

ストリートに生きる、コマボードのトップ・プレイヤー!

大会において、唯一の産まれながらの能力者(DNAマンを除く) ARMSラボの調査によると、苦手なものはマングース。一見デタラメだが、これを聞いたキッドコブラは少し震えていた。

特殊能力はチャージ後の素早いダッシュ移動(最大5回)。

キャラ性能

体の大きさ 3
腕の太さ 5
スピード 2(チャージ時:5)
ジャンプ能力 5
投げの威力 170

キャラ特性

チャージダッシュ

チャージ状態でダッシュをすると、非常に早い特殊なダッシュが出せる。

この状態のダッシュは素早く長い距離を移動できるが、ダッシュの最中は攻撃ができない
…といったものになっている。

また、前ダッシュをしたときは非常に姿勢が低くなり、相手の攻撃の下をくぐることができる。

チャージダッシュはその終わり際から攻撃できるようになるが、攻撃可能になった直後は「空中判定」となっている。

ヒュンチャクなどの空中で性質が変わるアームを持っている時は特に意識できるといいだろう。

ジャンプ/小ジャンプ

コブラのジャンプ関係はかなり特筆すべき強力な点なので要点を挙げていく

まず、ジャンプは全キャラ中最も大きな距離を移動することができる。

このジャンプ距離はダッシュの初速の影響を大きく受けるので、ダッシュジャンプで移動することができる距離が非常に長い。(滞空時間は通常キャラと一緒)

また、小ジャンプ/腕伸びジャンプは全キャラ中で最も着地が早い

もちろんこちらも全キャラ中で最長距離を移動し、かなり隙を作りにくいので、他のキャラのダッシュのような用途で使用していくこともできる。

腕伸びダッシュジャンプも非常に強力で、他キャラクターの通常ダッシュ並みの距離を、初速が早く隙も少ない状態で移動できる

(この時、ダッシュとジャンプを即座に入力するとダッシュを押した瞬間に非常に初速の早い腕伸びジャンプが出せて、
ダッシュとジャンプの入力をほんの少しだけ空けると、ダッシュ→ジャンプで二段加速できる上に移動距離もあがる)

その他の特徴

・通常ダッシュはマスターマミー並みの距離しか移動できず、空中ダッシュの性能も控えめ

・チャージが溜まる前にガーキャンすると普通のガーキャンダッシュが出せる

スポンサーリンク

立ち回り方

やや特殊な動作のキャラクターなので「キッドコブラをちゃんと動かす」意識が大事になってくる。

ジャンプ、小ジャンプ、地上での攻撃、空中での攻撃
それぞれの性質について、自分なりの理解をしておくと、ぐっと動かしやすくなる。

慣れないうちはジャンプ/小ジャンプを曲射アームで狩られがちなので、

前後移動や地上戦、相殺などでそれをフォローする動きはマスターしていきたい。

ダッシュジャンプはチャージしてしまうとできなくなってしまうので、初動以外ではあまり使えないと思われがちであるが、

腕伸び中ならばチャージを移行しないので、

ダッシュジャンプ→片手攻撃→ダッシュジャンプ…といった流れでかなり連発できる。

起き攻め回避にはダッシュジャンプを用いた離脱/暴れがなかなか強力。

これをちらつかせながら、他の択を見せていきたい。

おすすめアーム

対策

汎用的な対策は、まずはジャンプを狩る意識。

普通のキャラに対抗するように後飛びで処理しようとすると、コブラ側の大ジャンプに対してはそこそこ有効に機能することもあるが、
小ジャンプに釣られてしまうとむしろ不利になってしまう。

相手のジャンプの種類を見てこちらもジャンプ/小ジャンプを使い分けていく意識を持ち、ジャンプ中の攻撃や回避などで滞空時間を調整する意識が一つ大事になってくる。

空中戦の基本と同じく、相殺合戦や曲射系アームによる着地狩りはそこそこ大事。

コブラは前後の距離を管理するのがうまいキャラクターではあるが、逆にそれをある程度封じればむこうの強みが一個消えるので、こちらも前後の意識はある程度持っておくとよい。

特に軽量以外のジャンプ攻撃、特にジャンプ投げに対しては後ろダッシュがある程度有効に機能する。

空中戦のイメージが強いが、地上戦も対策必須

特に「ジャンプ対策に曲射アームを持つ」としていたときに、地上と小ジャンプ主体の立ち回りをされた時に前後の動きでかなり回避されがち。

地上にいるコブラは腕伸び中の移動性能が全キャラ中トップなので、うまく回避の移動先を読んだ攻撃をしていきたい。

また、この状態のコブラは「腕伸びダッシュジャンプの移動距離が長く、着地までが早い」性質上、こちらがコブラの攻撃をちゃんと弾きながら発動した必殺ラッシュでもひょいひょい躱してくるので注意が必要。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする